スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたエルメス

こんばんは^^
エルメスの複製に手こずって更新が遅れてしまいました(汗)

早速、、、と、、、その前に
今日は複製のお話に入る前に1つ報告があるのです。

かずをさん主催のコンペ「ずをコンthird」にmakotoも参加することになりました!
もともと、このようなコンペがあることは知らなかったのですが、兄さんのブログで紹介されていて、エントリーに至ったというわけです。
今回のお題は、
本編「TVシリーズやOVA」に劇中登場していない機体(MSV、小説版、外伝、オリジナル、ゲーム登場機体)
ということで、ちょうどリゼルカスタムがどはまりなので、そのつもりで頑張っていきます!
今年はオラザクにも参加できなくてうずうずしてたのでw ワクワクしてきました^^




以上、お知らせでした。





そんじゃー、エルメス(複製編)行きまっかー

その前に、今回複製する目的を確認しておきますと、、、

1.ファンドのままだと脆くて作業しにくいので、レジンに置き換える。
2.別パーツ化した後ろのヒラヒラ(長いので「ひれ」ってことにしますw)を一体化して強度を出す。
  ※接着だと絶対いつか折る(爆)

これだけです^^;
なんと贅沢なっ(><



えーっと、複製についてはνガンダムとキュベレイで詳しく説明してたと思うので、今回、細かい説明はぶっとばしてます(汗)
かんべんしてちょ(爆)





前回、無いと嘆いていた粘土がコレ↓ 1キロ補充しておいた。
ELMETH_019.jpg

粘土を平らに伸ばして、その上に原型を配置、さらに隙間を粘土で埋めます。
大量の粘土こねるのがなにより大変だった(汗)
ELMETH_020.jpg

ブロックで枠を作ります。無謀にも、アンダーゲート型を作るので’’ 割り箸をランナー部分に配置します。
ELMETH_021.jpg

全体にシリコンを充填。
ELMETH_022.jpg

ある程度流動性がなくなってきたら、昔作った型をザックリカットして隙間に配置します。
モノがでかいので、鬼のようにシリコン節約w
ELMETH_023.jpg

コレを何度か繰り返し、形が複雑なひれ周辺が埋まったところで、、、
山のように盛り上がった部分は、シリコンを染み込ませながらガーゼで覆っていきます。(補強のため)
通常、原型が全て埋まるまでシリコンを流しますが、そんなことしてたらシリコンの消費量がとんでもないことになりますから(w)
ELMETH_024.jpg

↓ざらざらした所がガーゼです。ちょっとわかりずらいかな?
ELMETH_025.jpg

これで終わりじゃなくて、、次に石膏を充填します。いわゆるバックアップ型というやつですな。
通常、シリコンを充填するのを、石膏で代用しようというのが一番の目的です。
石膏の方が断然安いですからね。
ELMETH_026.jpg

あ、ちなみに、ガーゼを使う方法やバックアップ型の製作は、スクラッチビルドマニュアルを参考にしました。
mkotoの愛読書です^^;


石膏が乾燥したら反対側に移ります。
こっちはそれほど体積が大きくなかったので、シリコンブロックを使用した節約のみにしました。あとは同しです。
ELMETH_027.jpg



はいっ、型完成!
4キロ以上あります(爆)
ELMETH_028.jpg

で、アンダーゲート方式でレジンを流すが見事に失敗(汗)

型を修正しても無理そうだったので、オーバーフロウ方式で複製することに。

レジンを流す様子は、残念ながらお見せできません。
(2分もしないうちにレジンの硬化が始まるので、写真なんて撮ってる暇はないのです。)

オーバーフロウでやってるので、想像つくかと思いますが、、、、洪水ですw

レジン500ccも使うんだからそれはもう大変なことに・・・・・・・・・・


↓レジンを流し終え、錘を乗せて硬化待ちな状態。
ELMETH_029.jpg

型をオープンしてみると、一部、レジンが流れていないところが’’
ただ、これなら修正できるレベル。
ELMETH_030.jpg
まず、この部分だけ切り取って、ここにピンポイントでレジンを流すための湯口を作って、レジン充填。
なんとか修正できました。







そんで、、、

コイツがやっとこさ完成した複製品↓

ELMETH_032.jpg

とても商品化できるようなレベルではありませんが、今回の目的は果たせたとおもいます^^



ここまで、

・モデリングマシンで加工したメス型
・ファンドの原型
・レジンの複製品

とステップを経てきましたが、やっとスタートラインに立った感じ。

しかし、こんなに適当でよくここまできたよなぁ~(汗)

ELMETH_031.jpg

ここまで来るのに、犠牲者がいたことも忘れてはいけません(苦笑)
どちらも、レジンを流すときに空気が沢山入ってしまったものです。
ELMETH_033.jpg



ここまできたら意地でも完成させてやるぜ!

待ってろよー、ソロモンの亡霊!?
スポンサーサイト

ペーパクラフト

こんばんは^^
いや~、この週末にエルメスの複製したかったんですがw
やる気満々でシリコンまで買ってきて準備OK、っと思ったら、まさかの粘土不足で・・・・残念ながらお預けとなってしまいました~(><;
近くの文具屋さんにも行ってみたんですが、makoto愛用の「ポピー油粘土」は見つからず、、、ネットでポチりました。


まずはアーマーの続きから。
ひびだらけだった表面は、パテ盛りとペーパーがけを繰り返して、かなりきれいになりました。
面はつるぴかになっても、ファンドはプラに比べて脆いところがあるので、後の作業を考えると、やはりレジンに置き換える必要がありますな。
実は、作業中にひらひらした部分をポキっと折ってしまって(汗)
思い切って両方切断してやったぜ~(ワイルドだろ~)^^;
どうせ、作業の邪魔になるから一旦切断するつもりだったんですけどね。
(装甲の淵を薄くしたり、厚みを調整したりするときに超絶邪魔w)
そんで、寸法も左右ばらばらだったんで、プラ板で作り直してやりました。
どうせまた折る(笑)ので、まだ接着しないで、複製の段階でうまいこと一体化させることを企んでいます^^;
ELMETH_014.jpg



中身のデザインも、そろそろ具体的に決めていきます。
しかし、これがなかなか思いつかなくて、ペーパークラフトしながら模索中です。
ELMETH_015.jpg


まずは、エンジンユニットから。
ちなみに、中央のパーツ(上面に緩やかな傾斜があるやつ)はプラ板箱組みで製作しました。
このパーツがアーマーと接続する基部となります。
ELMETH_016.jpg


こんな風にアーマー裏側に平らな部分を作っておいて、中身のユニットとしっかり接続できるようにしておきます。大きさゆえに、重さもそれなりになるでしょうから、ねじ止めが必要になりそうです。
ELMETH_018.jpg


話が少しそれましたが(汗)、こちらが新たに考えてみたエンジンユニットです。
前面のダクトに大きな傾斜が付いているのが1つの特徴です。昔のF1にこんなインテークのがあったのを思い出して、取り入れてみました。
もう一つの特徴は側面にも小さめのダクトがついていることです。平面に少しでも情報量を追加してやろうと思ってなんとなく付けてみたんですが、割とよさげかも^^;
おまけに、後方のスラスターを取り付ける部分も正方形に近い形になったので、スラ4基付けるスペースが出来ました。設定では3基なので、オリジナリティが出るという点ではいいかも!?
ELMETH_017.jpg


エンジンユニットはプラ板箱組みで作る予定なんですが、
形がなかなか決まらず、工作に着手出来ずにいる状態(汗)
最近、ナイフより、鉛筆持ってる時間の方が長い^^;
おかげで、四角っぽい形を描くのが前より上手くなりましたw
(といっても、落書きみたいなもんで、とても人様に見せられるようなレベルではありません’’)

今回の形は一応納得できているので、もう少し考えてみてけりをつけようかと思います。
(考えるより手を動かしたいタイプなんでw)



次回は、楽しい複製編になるかと思います;

それでは今日はこの辺で~


リゼルもやってますよ

こんばんは^^
9月突入ということで、ぼちぼち涼しくなること期待したい。夏ばて気味なmakotoですw

さて、今日の記事は久しぶりにリゼルカスタムです^^;
一応、エルメスと同時進行で、気分によってあっちいったり、こっちきたりしてますねw あは(汗)

で、本題のリゼルカスタムなんですが、製作に至ったきっかけなどを今更ですが少し書いておきますね。
もともとリゼルが好きで、すげーかっこいいのに脇役なのが残念だと思ってました。
それならば、主役機に匹敵する(性能はともかく、せめて見た目だけでも)ようなリゼルを勝手に作ってしまおうというのがきっかけですw
そこでコンセプトとして真っ先に考えたのが「ガンダムタイプの頭部」です。
主役といったらやっぱりガンダム。じゃあ、当然ガンダムの頭してないとね。ご存知の通り、リゼルはZ系の機体なのでガンダム頭もよく似合います。製作も、まずZプラスの頭をくっつけるところからスタートしました^^;
そして、もうひとつのコンセプトは「あくまでリゼルであること」ですw
主役機とかいっておいてなんか矛盾してるようですが、要は強いリゼルってことですね。
強いリゼルといえば、隊長機があると思いますが、それをさらにカスタマイズした機体を狙ってます(汗)

だらだら説明してますが、簡単にいえば

リゼルを好きなように改造してガンダム風にかっこよくしようぜw

という、かな~り適当な企画であります(爆)





はい(汗)  今日の工作^^;

武器があっさりしてたのでダブルビームライフルを追加しました。
場所はシールドがしっくりきますね。

rezel7.jpg

↓装着してみるとこんな感じ
rezel10.jpg

で、どうやってつくったか、、、、

砲身はSガンから流用、メインユニットはスクラッチしました。
rezel8.jpg

↓メインユニットのパーツ構成
rezel9.jpg
中央のブロックはプラ板箱組みで。
銃身との接続はプラパイプで。奇跡的にφ5がSガンのパーツにぴったりでした!
パイプの右にあるのが、何かのキットから流用したパーツでw
整備で取り外すときなどに引っ掛けたり、何かしら意味のあるパーツ、ということに無理やりしてます(汗)
左右の板は2枚のプラ板を貼り合わせたものです。この武器は着脱可能なものを想定しているので、シールドへの固定方法として、スライドロック機構をイメージしてみました。
写真下のセンサーユニットは積層プラ板で形を作って、センサーを埋め込む部分は、プラ棒(角)で周囲を囲って凹形状にしてます。

形状もパーツ構成も単純ですが、自分なりにこのパーツはこうゆうものだからこんな形なんじゃないか、と考えながら作業してます^^;
しかし、デザインを考えるのってホント難しいですねぇ~
ピカッと、かっこいい形が思いつくようなセンスがほしいです(><;)





エルメスの方は表面処理がほぼ終わりまして、ここらで一旦レジンに置き換えておきたいなぁ、と思っております。さすがにファンドのままだと細い部分など、不意にポキっとやってしまいそうなので、常にビクビクしながら作業してますw

既にやらかしてたりwwwwwww

え~と^^;
ものがデカイので、できるだけシリコンも節約したいところですが
とりあえずスクラッチビルドマニュアルに載ってる方法を試してみようかと。


次回の記事で紹介できたらいいけど、そう簡単にはいかないんだろうなぁ~

期待せずにw、待っててくださいねー(汗)

それでは今日はこの辺で~
プロフィール

makoto

Author:makoto

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
更新情報
リンク
参加しています





カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。