スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-2 洋上迷彩

こんばんは^^

今回もF-2ネタです。
前回から、主翼の段差処理やモールドの掘りなおし等を行って、いよいよ山場の迷彩塗装に突入です。
迷彩塗装なんて戦車以来で、多分5年振りくらいなんで、思い出しながらの作業となりました。
完全に雰囲気でやってますがw、、、楽しく作業できました^^;

では、ザックリと工程を見ていきます。

普段、ガンプラでは汚し的なことはあまりやらないのですが、今回はパネルライン等を強調させるため、黒立ち上げ塗装を行います。
サフを吹いたら、パネルラインや影になるところにグレーを吹いていきます。
後の祭りですが、ここは濃いブルーの方がよかったかも(汗)
f2_010.jpg


次に、迷彩1色目の薄いブルーを吹き付けていきますが、最初に塗った黒を残すように塗っていきます。
最初は0.3気圧くらいまで落として、黒を多く残し、2~3回目は圧を上げて、全体のバランスをみながら黒をなじませていきます。
写真でみるとほぼ青で、黒立ち上げの効果がよくわからない感じ(汗)、、、ですが、これくらいさりげない方が自然な感じでよいかと、、
f2_011.jpg


さあ、迷彩2色目ですが、F-2の洋上迷彩はかなりくっきりした塗り分けです。
いきなりフリーで描いても境界ぼけるのが落ちなんで、さあどうするかと、、、、、、ネットで調べてみるとブルタック等でマスキングする方法もあるようですが、めんどいので(汗)、楽な方法でやりますw

で、それが筆で境界を描くという方法。
やり方は、そのまんまで、筆でアウトラインを描いて、その中をエアブラシで塗るだけです。
簡単で、それなりに境界もくっきりするので横着なぼくにはピッタリですw

作業に夢中で写真撮り忘れましたが、、、、
ポイントを書いておくと、(完全に雰囲気でやってるんであまりあてにしないでね^^;)

・筆で描く時は、塗料を3倍くらいに希釈しておく
・エアブラシで塗りつぶすときは、筆で描いた線の内側の境界めがけて吹き付ける

なんか偉そうに書いといて、自分でも初めてなんですが(汗)、やってみて重要だと思ったことです’’
ちなみに、下地も筆塗りもラッカーでやってますが、ぐちょぐちょに溶けるなんてことは無かったので、2度塗りせず、ささっと描けば大丈夫かと、、、、、、多分w
f2_012.jpg


このあと、スミイレして、、、現状、デカール貼りまで終わってます。
結構数が多くて、なかなか大変でした。あと、きつい曲面もあったので、カルト製で助かった、、
f2_013.jpg


あとは、クリアー吹いたらほぼ完成かな。
予想外に大変なとこや不慣れこともあって、ここまで2週間もかかっちゃたよ。

はよリゼル作らんとヤバイぞ’’
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makoto

Author:makoto

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
更新情報
リンク
参加しています





カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。